禁煙が成功すると体が変わります

先進各国では、国民の健康増進を目的とした禁煙ブームが巻き起こっています。
喫煙のデメリットは飲酒を超えると言われており、本人の肝臓などに負担を強いる飲酒よりも、副流煙といった危険がある喫煙の方が公共的なリスクになり得ます。
喫煙が義務付けられた組織や地域もありますが、まだ日本の国ではいわゆる個人の努力義務のレベルで留まっています。
しかし、喫煙者の世間的評判はかつてない程に下がってきており、タバコの存在自体に強い不快感を示す女性も多いです。
喫煙は肺がんや成人病、EDなどのリスクを育てる危険な行為、反対に禁煙は個人の健康を取り戻せる健やかな対策ですので、そろそろ体力や年齢に自信が持てなくなってきたら、機会を見つけてタバコの卒業を試みましょう。
禁煙が無事成功しますと、体が以前と全く変わります。
喫煙時は失われていた体力がまず蘇ります。肺機能に負担を知らず知らずに強いるのが喫煙の悪いところです。
タバコを短期間やめるだけでも、肺機能の復活は実感する事が出来るでしょう。
次に変化が見られますので、体臭です。タバコを愛用している方はほぼ毎日欠かさずに大量の煙を体内に取り入れています。
そのため、タバコの香りが体に染み付いてしまい、その匂いが体臭となります。
タバコ嫌いな方はもちろん、若い女性や子供に嫌われる原因となりますので、禁煙する事でその原因が無くなれば、自然な形で家族や知人に接してもらえるでしょう。
また男性の場合、禁煙の成功によって男性機能の減衰が回復します。
個人差は見られますが、喫煙で低下した男性機能が改善しますので、歳相応の性機能が蘇り、活き活きとした恋愛や夫婦生活が営めるコンディションが得られます。

禁煙を始めるタイミングはいつ?

思い立った時に禁煙にトライするのも良いのですが、しかしタイミングを誤ってしまうと失敗をすることもあります。
成功し易いタイミングとしてはまず生活が落ち着いている時です。
喫煙をしたくなる時と言えば仕事が忙しいなどしてストレスを感じ易いタイミングですが、そんな時に禁煙をしても失敗する可能性が高いと言えます。ストレスが強い時に始めてしまうと余計にいらいらが強くなったりしますので避けた方が良いでしょう。
休日前にスタートをするのもひとつの方法です。禁煙をすると離脱症状が起こりますが、眠気や集中力の低下などが発生してしまうことがあります。
特に仕事のあるタイミングにそうした症状が出ると困ってしまうものですが、しかし休日中なら眠くなったら無理せずに休むことができますので上手く対策をすることができるはずです。
それゆえに休日前にスタートを切った方が良く、またできれば長い連休の時が狙い目と言えるでしょう。
風邪などの病気をしてしまったことをきっかけにスタートを切るのも良いタイミングです。
病気をしてしまった時には煙草を控えることもあるものですが、そのまま禁煙を継続させていくことで上手くいくこともあるのです。
実際に病気をきっかけに禁煙ができたというケースも多くありますので、病気に掛かった時には煙草を止める良いチャンスと考えてみると良いでしょう。
禁煙のスタートを切るタイミングはこのようなものがありますが、ただタイミングばかりを考えているのも良くありません。
先延ばしになってしまう可能性があり、その間にも煙草によってどんどん体は蝕まれていってしまいます。
タイミングを意識することも大切ではあるものの、止めようと思った気持ちを一番に大事にして即行動する決断力も必要です。

禁煙を助けてくれるアイテムを有効活用

禁煙を助けてくるアイテムとしては、ニコチンパッチ、ニコチンガム、電子タバコ、ハーブティー、などがあります。
いざとなれば禁煙補助薬という強力な薬もあります。
ニコチンパッチは、ニコチンが含まれている湿布のようなものを貼って、皮膚に徐々にニコチンの成分を取り入れるアイテムです。
ニコチン代価療法で使われて、禁煙時のニコチン切れによるイライラや禁断症状を軽減させます。
禁煙外来などの医療機関だけではなく、ドラッグストアなどでも手に入れることができます。
ニコチンガムは、ニコチンが含まれているガムです。依存性のあるニコチンを摂取するということで、健康上の課題が残ります。
ただし、タバコのタールによる健康被害を抑えることができます。また、惰性で吸っているタバコの本数を少なくできる可能性があります。
電子タバコは、禁煙パイポの一種に分類されています。
空気中の水分を水蒸気に変えて吸引させて、タバコを吸っている感覚を与えます。喫煙が習慣化してしまっている人に向いています。
ハーブティーは、禁煙中のイライラや口寂しさを軽減してくれるハーブの香りがついたお茶です。
禁煙中の離脱症状をハーブの香りでリラックスさせて、軽減します。様々な香りのお茶が販売されているので、リラックス効果が高いものを選ぶと良いでしょう。
一例として、レモンバーム、ジャスミン、カモミール。ジンジャー、ペパーミント、ラベンダー、などがリラックス効果が高いお茶として知られています。
以上の4つの中で、健康への被害の心配がなく使えるのはハーブティーです。
ハーブティーだけでは効果が弱いかもしれませんが、なんとなく口寂しくて吸ってしまうというタイプの人には有効です。

ページの先頭へ戻る